俺には勉強しかない

学んだこと、感じたこと、やりたい事など

私たちは1日に2600回以上スマホを触る。スマホ依存にまつわるデータあれこれ(読書メモ:『スマホ脳』)

『テクノロジーのできることを利用しなさい。 何ができるかを学びなさい。 でも同時に、それが 「私たちに何を行っているか?」を問いなさい。 私たちはゆっくり適切なバランスを見つけ出すだろう。だが、それにはかなり時間がかかるだろう。』

———シェリー・タークル

スマホ脳』を読了した。


在宅勤務の場合、オフィスへ出勤する時以上にスマホを触る欲求を我慢する必要がある。
たとえ業務中にTwitterを見ていようが、誰もそれを咎めることが出来ないからだ。

実際、自分は業務中もついスマホをいじっちゃう時が結構ある。
流石に仕事中はスマホとかネットから離れたいなと前から思っていた。

スマホを触る欲求を封じるためには、まずはスマホの危険性について知ることが有効だと思って、この本を読み始めた。


この本の結論は1ページ目に書いてある通り「人間の脳はスマホに適応していない」ということだ。
スマホによって脳が変形する」という内容ではなかった。

人は何故スマホに夢中になるのか、スマホは人間にどのような影響を及ぼすのか、
スマホの悪影響から逃れるためにはどうすればいいのか、 について分かりやすく書かれており、読む価値がある本だと思った。
個人的には、これに併せて「男子劣化社会」を読むことも勧めたい。
そうすると、スマホとネット、それぞれは与える悪影響について理解が深まると思う。

doordonts.hatenadiary.com


感想はここまでで、内容についてだが、要約や解説が必要なほどこの本のテーマは難しくない。

スマホに依存性があり、スマホを使っている時の自分が碌でもないことくらい、
わざわざスタンフォード大の研究結果を読まずとも、我々は経験から知り尽くしているからだ。


それでも、この本に出てくるスマホや、スマホ依存に関するデータは衝撃だった。
今回はそれらのデータをいくつか紹介したいと思う。
これを見るだけでも、スマホが我々に与えるインパクトの大きさが分かると思う。

  • スマホ
  • SNS
  • 脳機能編
  • 先史時代編
  • 終わりに
続きを読む

Windows 10検索バーにあるラケットとテニスボールのアイコンを消す

5/19にWindowsアップデートをして、今日PCを開いたら、
謎のアイコンが検索バーに表示されていた。


クリックしてみると、どうやらニュースや自分がよく使うアプリが表示される機能らしい。


邪魔なので消そうとしたが、どの設定を変更すればいいか分かりづらかったので、
備忘録として記録しておく。

ラケットとテニスボールのアイコンを右クリックして、
「検索(H)」→「検索のハイライトを表示する(H)」のチェックをオフにすれば表示されなくなる。


余談だが、私は検索バーをクリックして開かれるメニューの右側に表示される
邪魔なアイコン(ニュースやゲーム等)は全部非表示にしている。

先ほどの右クリックメニューにある「ニュースと関心事項(N)」の項目も
「無効にする(O)」に設定している。


こういうノイズがあると、脳みそが「無視する」事にリソースを使ってしまい、
仕事への集中に多少なりとも支障をきたす。

なので、余計な情報は全て非表示にしてしまった方がいいと思う、少なくとも仕事で使うPCは。

SF小説を読んだことが無い人にこそ読んでほしい『プロジェクト・ヘイル・メアリー』

『プロジェクト・ヘイル・メアリー』を読了した。


結論を先に言うと、この本は最高で、徹夜で上下巻ともに一気読みしてしまった。
ページを読み進める手が止まらなくて、最後の3章は涙でグチャグチャになった。

まず前提として、私はSF小説に興味はなかった。
そして、仕事や勉強じゃない場面で、数式とか化学式を見たくないほどの文系でもある。

そもそも小説自体読む習慣が無い。
この本もKindleポイント還元セールをやっている時に、なんか目についたから何となく買っただけだ。

それでもこの本は最初の1ページを読んだ時点でワクワクが止まらず、
物語の随所で出てくる宇宙や化学についての蘊蓄もとても楽しめた。


それと同時に、あらすじや感想をおいそれと書けない本でもある。
全てのページが驚きと興奮で満ちているので、私の稚拙な文章で
それらを台無しにしたくないと思ってしまうのだ。

なので、この本について他者に勧める際は「この本は最高だ」「とにかく読んでくれ」としか言えない。


実際、SFにも小説にも興味がない人にこの本を読んでもらうのは困難だと思う。
表紙があまりにも面白味がなく、タイトルも無骨すぎるからだ。

しかし、実際の物語はユーモアと機知に富んでいて、知らない人が想像するような、
SF特有の無機質で、知識の無い人間を締め出すかのような厳しさは一切感じなかった。


内容について語りたいことは山ほどあるが、ネタバレにならない範囲で、一つだけ語らせて欲しい。

この本は宇宙での出来事と、主人公が宇宙に行くまでの過去の回想が交互に語られるのだが、
過去の回想が現在に追いついた時、つまり主人公が何故宇宙へ飛び立ったのかが分かった時、
そのシーンが、———すごく残酷で、とても良かった。


そして、何故SFに興味ない私でもこの本が楽しめるのか、の理由の一つが分かった。
この本は舞台のスケールは巨大だが(宇宙なので)、物語は終始一人称視点なのだ。

つまり、主人公が見たこと、考えたこと、直面した困難、葛藤、喜び、
そういったものがダイレクトに自分にも伝わってくる感じがするのだ。


感想は以上。とにかく、この本に出会えてよかった。
読んでない人には是非読んでほしい。

あとこの本でSFの面白さを知ったので、次は『三体』とか読んでみようと思う。



プロジェクト・ヘイル・メアリー 上


プロジェクト・ヘイル・メアリー 下

ぼくのかんがえたさいきょうのホーム画面(今週のお題「ホーム画面」)

今週のお題「ホーム画面」

私はAndroid信者なので、ホーム画面のアプリ、ウィジェット配置は相当こだわっている。

今週のお題はそんな私の(誰も興味ない)こだわりを語るチャンスなので、
私のホーム画面について紹介したいと思う。


ホーム画面の配置を決めるにあたって、私は以下の原則に従っている。
いずれも、長年スマホを触っていて「これに従うと便利だな」と気付いたものである。

  1. スマホでやりたい事が即出来るようにする
  2. 確認したい情報が常に表示されている状態にする
  3. 使用頻度が高いアプリは右に配置する(右手の親指でタッチしやすいように)
  4. アプリや情報別にページを分ける
  5. ゲームやSNS、ニュースアプリなどは置かない

次に、上の原則に従った結果どのようなホーム画面になったか紹介したい。

  • ホーム画面のレイアウト
  • ページ「ホーム」
  • ページ「左①」
  • ページ「右①」
  • ページ「右②」
  • おわりに
続きを読む

GW明け(日記:2022/5/14)

竜串海岸から眺めた黒潮 高知は美しかった

4/29〜5/8までの10日間のGWが明けて、仕事始めの第一週が終わった。
GW中は高知へ旅行に行ったり、ひたすら寝たり、ひたすらゲームしたり、ひどい有様だった部屋を片付けたりと、それなりに充実していた。
しかし今週の勤務でGWに養った気力を全て使い果たしてしまった感がある。

単純に作業量が多いだけならいいのだが、何処から手を付けたらいいか分からない仕事が2つ以上あると一気に消耗してしまう。
そしてネットや娯楽などの気晴らしに費やす時間が増える。
これは自分の悪い癖で、治さなきゃいけないと思ってる。

今日はほぼ徹夜で本を読んでしまった状態で副業してきて、あまり頭が回ってないが、
近況を書き散らしたいと思う。


あと、せっかくなので今後書く日記記事のフォーマットを決めてしまいたい。

日記とはいえ、いざ記事として書き上げようとすると結構体裁や文体を気にしてしまい、
毎度書き上げるのにそれなりに時間がかかっている。

日記記事の目的は読み手を楽しませることではなく(ごめんなさい)
今の自分のスナップショットを記録することなので、あまり作成に時間をかけたくない。

それに、書く内容を初めから決めてしまえば作成スピードアップだけでなく、
自分の考えの定点観測が可能になる気がする。

記事を書くハードルが下がれば続けやすくなるしね。

出来事

  • 4/28は基本情報技術者午後試験だったが、どうしても気力湧かなくて不受験してしまった
  • GW初日は副業だった。週に1日は休日フルタイムで勤務するようにしてる
  • GW中に3泊4日で高知に旅行行ってきた。久々に自然を眺めたりドライブしたりして良い気分転換になった

  • 久々になんか美少女ゲームやりたくて『空と海が、ふれあう彼方』をプレイした。良作(後で感想記事書く)

www.pulltop.com

  • 5/10に医療ひげ脱毛に行ってきた。もう10回近く行ったので、髭もかなり少なくなってる
  • 長年ファンをやってるサークルの新作「CELL 六輪の狂花」をプレイした。良作(後で感想記事書く)

  • 大学院の講義は平日2日ある。Javaの講義だけどレベルは高くないので、モチベーションが低い今正直助かってる
  • 仕事が明けてからほぼ毎日、本業退勤後に副業をしていた。ひどく疲れている。
  • SF小説『プロジェクト・ヘイル・メアリー』を読んで感動した(絶対に感想記事を書く)
  • 6/19に情報セキュリティマネジメント試験を申し込んだ(午前・午後同日)。

反省

  • 試験の日程を詰め込みすぎて結局失敗した。今後は欲張らずにもう少し間を空ける。
  • 基本情報は午前、午後別日にしないほうがいいかもしれないと思った。
  • GW明けの仕事が嫌すぎて生活リズムを崩してしまった。長期休暇は「社会復帰プラン」も考えた方がいいかもしれない

よかったこと

  • かなり早い段階でGW旅行のための飛行機を取ったのは、金銭的にも段取り的にも良かった。今後もそうしたい
  • 情報セキュリティマネジメント試験を現実的な日付で予約できた。
  • 今週で仕事の山場は乗り切った感があるので、来週は楽を出来そう
  • 陸上自衛隊体操を覚えた

思ったこと

  • 目標を持つことがストレスになっている気がする。計画/着手/管理/達成、いずれも出来ないような目標はさっさと捨てた方がいいのではと考え出した。
  • どうやら自分は長時間労働になると自動的に「省エネ」モードになって、生産性を極端に落として乗り越えようとする傾向がある。多分、幼少期に塾に行かされまくった経験で身についてしまったと思う(一応言っておくが虐待ではない)。「さっさと片付ける」という方向に直さないと
  • 『プロジェクト・ヘイル・メアリー』が面白かったので、次は『三体』を読んでみたい
  • この年になると、ちゃんとした大人になれていないことへの焦燥感を常に感じる。それでも、本格的に社会に出る(=実家を出る、転職する、婚活を始める)前に、ある程度の自己投資をしておきたい。分かってる。これは言い訳に過ぎない。

これからの予定

  • とりあえず6/18のSGは絶対受かるように頑張る
  • 明日は全身脱毛を受ける。脱毛は不毛なので、今年中に終わらせたい
  • 1Qは2単位履修したが、来期は4単位履修する。去年は4単位で結構大変だった。コツを掴んだしいけるかな?
  • そろそろ原付二種の免許を取りたい。

以上